コメ返し。9/9分

reply.jpg

「やっとUp出来た!」にて2017.09/09 10:48 にコメントを下さった方

ごきげんよう、私のアンジュ(フランス語にしたらいいというものでも)。ご訪問・ご清覧及び丁寧なコメント、本当にありがとうございます。「アクマ」4もうお読み下さったとか。感謝しております。お褒めのおことばも頂戴して、舞い上がっております。

以下大変長いので、お暇な時に、よろしければお読み下さいませ。

え、消したって何? と思って、自分のブログを見てびっくり。…間違って非公開にしてました…。ひとつ前の記事を非公開にしてない!?(ちなみに、決定稿とは呼べない小説)と勘違いして設定変更したのですが、眠気と眼精疲労とでちゃんと確認しておりませんでした…。
PCもスマホもブログではなく管理画面を登録してそこから直でログインしておりまして、自ブログを見るのは投稿直後とかテンプレを変更した時がほとんど。ちょっと確認していれば気づくことを、…ご指摘ありがとうございました。
ちゃんと非公開にすべきはなっていて、別に非公開にしなくていい記事を非公開にしていた、という。マヌケめえええ!


私は自分が書くものはいちばんに「萌え」が不足している、と思っているので、萌えると言って頂けるのはとても! 嬉しいです。文章は、まあ、個性、と誤魔化せるんじゃないかと自分を励ませるんですが、「萌え」となるとどうにもならないので。

オリジナル書いてた頃は、男性キャラの造型とかキザっちい台詞とかかっこつけたカンジの文章とかえろの在り方なんかは、友人にはケレンミとしてウケてたみたいです。今二次書いてても同じだと思うんですが、それが「萌え」になってるかは謎なのです。自分の好きとか面白いかも、と思ってるものを詰め込んではいるけれども、それがほかの方にとっての「萌え」になってない気がして。
いつもビクビクしながら「こ、こんなの出来ました」「あの、実は、その、こういうのが好みなんですぅ」みたいにうpしております。

兵長は口調がアレなので、清掃員さんも当然口調はお上品とは言い難いものと思って書いてますが、大人としての寛容さとかやさしさみたいな台詞とものすごい下品なのと両方書けて楽しいです。

コレはヒドイ系
「初めての男は忘れらんねえよな」
ヒドイ…(笑)。ホントにヒドイ(笑)。でも書いてて楽しい。←お前がヒドイわ。

オトナえろい系
「でなきゃ、たまにはお前からねだれ。……この口で」
多分、昔から私の書いたものを読んでる友人なら「璃果ちゃんらしいね」と思うタイプ。
状況とか色々カチッとはまると書いてるひとは大変気分が良いです。海辺の桟橋の下で雨宿りしてこの台詞。おまけに言ったあとちゅーしてる!(15歳に!)いやあああああああ!(恥ずかしさで絶叫)海外ドラマの観過ぎじゃね? と思います。

オトナ系(てゆーかキザ…)
「俺が気に入ってんのは、服じゃねえよ」
「あれ(猫)に構ってる時は、お前が笑うからだ」

この辺りも私の得意(?)分野。「アクマ」のシリーズだと「あれに構ってる時は、~」がいちばんこっぱずかしい気がする。あらあらあらあら。まあまあまあまあ。リヴァイさんたら。そんな。イヤだわフフフ。みたいな気分になる。

「アクマ」4では海辺での会話→桟橋の下でちゅー、お風呂入るまで、お風呂でちゅー、ミカサをおうちに送る前の会話辺りは書いてて楽しかったです。脳内で少女まんが絵が炸裂しています。リヴァイが口に出しては言わない本音がちらほらする台詞も楽しいかな。
次はえろっちゃうのか…というか、多分えろっちゃう展開じゃないと全裸待機のお嬢さんが出現しそうだ…。いやいやいや服着て! ぱんつはいて!!
どうせ私が書くんだから、そんなに一気にはえろに突入しないと思います。寸止めで「以下次号!」みたいなことになるんじゃないかと(4よりは進展するでしょうけども。清掃員さんが多分ヤル気十分…)。

もとい。参考になるお話及びコメント、ありがとうございました。

自分が楽しくて書いてるのですが、それを読んで下さる方が居て、中には楽しんでくださるだけでなく気に入って下さる方まで居て、本当にありがたいし嬉しいです。
また何か書けたら読んでやって頂けると大喜び致します。よろしくお願いしますヾ(・∀・)ノ
関連記事

0 Comments

Post a comment