FC2ブログ

Welcome to my blog

のーぷらんのへいがい。

璃果

璃果

hibiki-6.jpg

11月28日、アニメの感想記事の画像引用に関して引用元の記載完了しましたので、公開に戻りました。多分あれで大丈夫だと思うんだけど。

web拍手のコメント機能をすっかり忘れ去っていて、人様のブログを拝見・拍手コメ入れてようやく存在を思い出した辺り、なんかもう相変わらずザルみてえなアタマしやがって、と項垂れたわ…。すみませんでした、本当に。
で、そのコメント返しをさせて頂いたら、支部でメッセージを頂戴したことに気づきました。ありがたいおことばを山ほど頂いてしまった。内容が今回のコメ返に呼応する部分が多くて、「コレホントに偶然!?」と吃驚してしもた。
メッセージ下さる方とか感想下さる方、軒並み優しいことばをかけて下さって、天使とか女神しか居ない。マジで。

たまたま「返信は不要です」はひとを傷つける可能性がある、というのをついったで読んだのだけれど。「私からの返事は求めてないの?」「私は壁打ちの壁ですか」と悲しくなるひとがいる、のだそう。返事をしなくてはと負担に思わせてはいけない、と思って「不要ですよ」と言っているのだと私なら思うんだけど、そうか、なるほどそう思うひとが居るのもそれはそれでわかる。
翻って、遠慮なくコメント残して下さいね、というのも、あれか、「コメントせねば!」と思わせるものなのだろうか、とちょっと気になったわ。残して頂ければ喜ぶよー、嬉しいからお返事もするよーというだけなんだけども。

日本人繊細過ぎるだろ…。

ここしばらくおはなしをUpしておりません。それを期待されてご訪問下さってる方には申し訳ないです。でもだいじょうぶ、支部にはりばみかがいっぱいあるよ!(逃亡)
和かふぇネタが二転三転してやっと落ち着いてきた、ような気がする。気がする。気がするだけかもしれないが!
こんなに定まらないのは初めて。大抵書き出すとちょーしこいて書いていけるのに。SSカード3枚×2、折り本用下書9本ダメにして、2本やっと使えるのが出来てそこにひとつ足して。今ようやく3話分確保。

なんだこれ。orz

気負い過ぎたのが敗因か。何しろ、連載形式みたいになっちゃったからちゃんと終わりが見えてからじゃないと世に出せない、と思っちゃって進んでは退いてのまさに一進一退。馬鹿ネタが気づいたらまたちょっと変容してしまった。馬鹿で良かったのに! 悔しい…。
無計画の弊害。流れはアタマの中にあっても常に思いつきとノリと勢いだけで書くから(哀)。
迷走しまくってる。いつもなら放置して違うのを書きながらその時を待つんだけど、今回は途中で投げたらダメだなと思ってこねくりまわしてました。
ミカサの通う高校の制服デザイン考えたり表紙画像レイアウトしてみたり、と存分に逃げてる気もするけども。
16字×39行×7ページ(あるいは6ページ)というフォーマットに落とし込むのにちょっと苦心してる。140字とか200字は慣れてきたからかなんとか出来てどうにか出来るんだけど。思ったより長いよ! って時とヤベェ足りねえ! って時とどっちもあって常に四苦八苦してる。ちくしょー。

節子。のーぷらんだからや。

「魔女集会」とか「お付き合い」とか忘れてない! 忘れてないから! 書くんだー!(己の楽しみのために何故か必死。しかし、道楽こそ魂を込めてやるもの、という考え方もあって、それはそれで確かに、とも思うのでいいのかもしれない…うん。…うん?)

とりあえず和かふぇもどうにかなりそう。調べ物増えたけど。……本手に入れないとダメになったけど(3冊ほど注文した…。元々好きなジャンルというか読んで楽しそうな本で良かった)。くっそ。てんちょうがぐいぐい押してたのがちょっとマトモな大人になった。

私が書くんだからマトモって言っても(ry

四苦八苦はしてるけど、やっぱり書くの楽しい。

時々全部ぶん投げたくなるけどw

誤字脱字はなくならないわ書けども書けども終わりが見えないわ時間足りないわアタマ足りないわ。たいへん!

資料だいじ! と思って上生菓子と煎茶買ってきた(ひどい言い訳)。ほら、和かふぇだから! ね! 抹茶どこしまったか忘れた…。茶筅とかはちゃんとキープしてんのに。
誰に言い訳してるってそりゃ自分の良心と体重計であろう。あああああああああああああああああああああああorz
今年に入ってからモールにヨソの市に昔からあった菓子舗の支店が入ってくれたおかげで、気軽にお干菓子も上生菓子も買えるようになった! おねだんきがるじゃないけど! お麩のおまんじゅうがんまい…。一粒いくらのチョコレートもすごいなと思うけど上生菓子もお高いわ…。
季節関係なく食べられるのもありがたいけど、季節を楽しめるのもいいなー。和洋問わずお菓子は見た目も楽しいですね。わくわくする。
という訳で、和かふぇはなんだか季節感みたいなものを出そうとちょっと必死です。

出ねんだな、これが。^^

さて、和かふぇ見直ししながらぶろぐのカテゴリ解説書かなくては。

20181129-1130
関連記事
最終更新日2018-11-30
Posted by 璃果

Comments 1

There are no comments yet.
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/11/30 (Fri) 22:35 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply