FC2ブログ

Welcome to my blog

出来た! ような気がする…。

璃果

璃果

hibiki-2.jpg

前に話題にしたことがあるのですが、折り本(一枚の紙を少し加工することによって冊子状に仕上げるもの)が完成した!

多分。

いやちゃんとpdf化してUSBメモリにも保存したんだけど、したんだけど、うん…。何しろ初めてなのでホントに出来上がってるのか謎です…orz

明日か明後日にはコンビニに試し刷りに行ってこようかと思っているのですが、どうなることやら。キレイに仕上がってるといいな。

ネットプリント配信かこのぶろぐからDLしてもらうか、いずれか(あるいはいずれも)を検討しているのですが、どちらがいいのでしょう。

それぞれそれなりにメリット・デメリットがあります。

メリット
ネップリ…プリンタ不要。コンビニに行って所定の操作を行えば手に入る。
pdf   …プリンタ及び用紙があれば在宅で印刷出来る。

デメリット
ネップリ…費用がかかる(A3サイズ。カラーのままだと¥100くらい)。配信期間が定められている。
pdf   …家に印刷出来る環境、あるいは何らかのメモリが必要。

どちらもやっておけば一番確実でしょうか。ネップリは手軽ですが外出しないとダメな上に期限があるのでお忙しい方には不向きなのかもしれません。おまけに印刷代が発生します。
pdfファイルをDLすれば、基本いつでも出力出来ます(pdfリーダーがあっても、折り本の性質上そのままでは読みにくいです。もちろん、プリントせずひたすら回転回転でPCで見る等は可能ですがw PCが信用出来る仕様なら、DLさえして保存すれば、プリンタあるいはメモリに入れてコンビニ等に行けば好きな時にプリントアウト出来ます。

今回はすくかーシリィズの清掃員さんの心の闇が垣間見えるだけという恐ろしい話です。

だけ。だけなんだ。マジで。

それでもよければ、という方はいずれ、ゼヒ。

表紙はフルカラー、奥付もあるため、6ページ程度の短いお話です。ぺらっぺらの紙なので、気軽に持ち歩けるね!(哀)原稿用紙換算で7枚程度、とホントに短い。

これからも時々出せればいいなー。

基本私が楽しいだけです(ドヤァ)。

フォーマット(16行×39字)の中に落とし込んでいくので削ったり足したり。140字SS、200字SSともまた違う厄介さが(笑)。6pに収まらないとなって、文章変えたり調整をかけるのはSSカードとそれほど変わらないのですが。
SSカード以上に紙面がみっちみちになってしまって、ちょっと「……印刷したら真っ黒??」と不安になっております。私は行を空けてしまうことがよくあるのですが、今回は字数制限もあってやっていません。
いいいいやきっと大丈夫! ツール作った方色々と試作された上でつくっておられるし!

8P折り本ツールさんを使わせて頂いたのですが、色々楽しめそうです。長めの手紙をコレで書いて、表紙とかつけたら楽しそう。

なお、ネットプリントはそもそもクラウド的な活用(ネット上に登録し、アクセスするナンバー等を持っていれば日本全国どこに居ても誰でも手に入れられる)が可能なシステムのため、配信者である私にはお金が入るわけはなく、よって収益等発生しないものとなっております(「二次作品の電子書籍版やるひとってどうなの」、とか言っておいて自分がやらかしたらハナシにならない…)。

紙媒体になる、というのが個人的に嬉しい。ネットで気軽に読めるのもいいんですが、ブルーライトやらあれこれ目に厳しいお年頃なので(……ブルーなのは私のキモチやねーか)、手元にあって好きな時に開いて読める、というのがやっぱり愛しいなあと思ってしまう。自分の作品だけど、うん、楽しみ。ナカミはせいそいんさんのココロの闇/病みだけれども!(゚言゚)

そしてそんなこと言ってる私の住む地域では今だばだばと雨が降ってやがります。…やめてよう(涙)。コンビニ寄るのが億劫になる!(どんだけ横着なの)。

最近は仲良くしてくれてるひとがイヤな目に遭ったり、はたまたこんなぶろぐを楽しみにしてると言って下さる方が増えたり、と幸福感と暗澹たる気分が綯い交ぜになっています。

お礼も励ましも何か書くことで、になっちゃうんだけど、楽しんでもらえるものが書けたらいいなー。

書いたものが好きとか読んでますとか言って頂けて、本当にしあわせ。ありがとうございます。

そういえば、支部にあげたはろいんすぺさる、ブクマ数が二桁になってた! え、前に見た時4人とかそれくらいだったよ? これで期間限定でーすってさげたらマズイかな…。だ、出しておいた方がいいのかも。ぐぬぬ。いつも見て下さる方が読みやすければ、と思ったんだけども。
一応残しておいてみます。

折り本、何も問題なければ、11月1日からの配信予定です。予定は未定で決定にあらず!(予防線)
関連記事
最終更新日2018-10-29
Posted by 璃果

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply