FC2ブログ

Welcome to my blog

コメ返し。9/4分

璃果

璃果

reply.jpg

「りばみかきたああああああ!!」  にて 18/09/04 23:58 にコメントを下さった方

こんにちは。ご来訪ご清覧ありがとうございます。いつも丁寧にコメントを下さって感謝することしきりでございます。
どのコメントもいつもまっしまっしかっこんでは噛み締めているのですが、ホントにありがたいです…(まだもぐもぐしている)。

長いですよーとてもとても長いです! 体調万全の時にでも!

「花冠」、読んで下さったそうで、ありがとうございます。
あそこまでがっつり原作に沿って書いたのは初めてです。大抵、原作の世界観だけ借りて後は全てこちらの都合で時間軸ひん曲げたりしているので(こう書くと何だかとてもヒドイ…)。

ミカサがショート・ヘアになっていたのがものすごく印象的で、そこが全ての起点になっているような気がします。
原作で逆行するようにパラディの描かれなかった4年間がぽつりぽつりと出てくるようになって、より書いてみたいというか自分の中で書けそうだな、と思って着手してみたのですが。

それでも実はまだちょっと様子見の段階です。出来るだけ原作を踏まえた上で好き放題してみたいな、と思ってしまって、そのせいで、書く予定のおはなしの後日譚が先に出てしまいました。もう少し原作の流れを知ってから、書こうと思っている話が書きたい。

そんな訳で、前日譚は、エレンがマーレに潜入して、何らかの知らせを待つことしか出来なくなったミカサが願掛けをして髪を伸ばしたのをバッサリ切る、という話、になる予定です。
私が単にロング・ヘアのミカサが好きで、伸ばしてたらいいな、と思ってたらバッサリ! だったのが切欠って(笑)。でも、9月号108話で、髪を結っているミカサを見てしまって、え、結えるくらいに伸びてたんだ!? と思ったら余計に盛り上がって楽しくなってしまった(そんな理由か)。
あの、戦争で夫を喪って田舎に疎開した未亡人みたいなミカサさんが美味しかった…(へ、へんたいだー!!)。

エレンとなかなか分かり合えなくて、その矢先にエレンがマーレに行ってしまって、自分はエレンにとって意味のある存在なのかどうかと苦悩するミカサと、それに気づいた兵長と、みたいなカンジ。

「花冠」で散々におわせましたが、まあ、そんなふたりがアレでそんなソレになるんですけれども(日本語)。

「花冠」は、原作に沿わせると、104期とか近しいひとたちの動向まるっと無視、もちょっと不自然かな、と思ってほかの子たちも出してしまいました。もうどこがりばみかなんだくらいにコニーとか出張ってるwww
サシャが居ない、という現実のせいで、サシャが確かに居たんだ、という事実がよけいにくっきりと浮かび上がってしまって、その「もう居ない」ということを無視することも出来なかった。
サシャの喪失、を意識したらコニー、になっちゃった…。ジャンももちろん、悲しんでるとは思うのですが。「双子みたい」と自分とサシャを表現したのが胸に痛かった。

何かをなくしても日常があって前に進むしかなくて、でも希望だけかというとそうでもなくて、みたいな閉塞感がものすごい。エレンがマーレでしたことが、パラディを地獄に突き落としたとも言えるし、地獄への猶予を稼いだとも言える中で、どうにか日々を過ごすしかないんだなーとか色々考えてしまう。
せめて見知った仲間が「いつものように」「当たり前に」隣に居たらやり過ごすことも出来たかもしれないのに、それすらもうなくて、この先も喪う一方なんじゃないか、みたいな絶望すらつきまとうあのカンジ…。

物語の冒頭の、コニーと兵長とのやり取りとか、104期たちとの墓参とか、書かなければ書かなくても成立するんですが、ああいうカタチに落ち着きました。

単に通常の部下にはいい上司のりばいさんがミカサさん相手だとオス化するっての書きたかっただけなんですけどもね!

楽しんで頂けたのでしたら、嬉しいです。
湿っぽくてはっぴーな空気が一切ないので、そういうお話が好きな方には不向きなんですけど。逆に、すくかーみたいに捏造だけで成立するお話はそれほど好きではないけど、原作に沿ったものなら好き、という方には読んで頂けたようです。読者層、みたいなものが全然違う気がします。おまけに憧れの絵師さんからブクマ頂いてた…! マジかや!!(読み専の方って、アイコンを用意されない方が多いので、お名前だけで憶えられない場合が多いのですが、その絵師さんの場合はアイコンで気づいてしまってめがっさびっくりしました…)

何でも読んで下さる方は女神なの? 天使? なあに? ありがてええええええええ;;

前日譚もいずれ書きたいです! モブリットを喪った後のハンジの話と対になるものと2本のお話になる予定なのですが、いつ書けるんだ…w すくかーのヴァレンタイン+ミカサ誕はガチで来年の2月用になるような気がしてきました…1年かけて書くような話でもないだろうよ…orz
書けたら即Upすべきかむしろ2月まで待つべきか(それ以前に2月になっても書き終わらなかったらうわなにすんだやm)。
あと、その時々に盛り上がる書きたい熱のせいでつい違う話に手をつけたりしちゃうんですよね、ああああああああああ。

BLの受の女子化もんだい。
男性としてキュート、なのはまだわかるんですが、そういう要素のない男性キャラまで突然女性的な仕草になったり、が理解出来ないんですよねえ…。恋に堕ちたらいつもと違うカレが…! ってカンジでオイシイのでしょうか。

攻が受をいとおしいが故に可愛いと思う →わかる
受も攻が好きで世話を焼きたがる →わかる
受が攻と一緒に過ごす時に仕草や表情、反応が女子化する →なんでや!!

リヴァイがキスを迫られて頬を染めて目を逸らすシーンとかを見て「え…(呆然)」てなっちゃうんですよね(笑)。

わかるんですよ、通常見られない表情を、攻こそが引き出してしまうのだ、我々はそこが見たいし描きたいのだ! という魂の叫びは届いてるんですけれども、「それキャラちゃうやろ」と冷めた目で見てしまって。
攻でエルヴィンがやたらリヴァイにデレデレしてるのも、若干自分の中のキャラ像と一致しないので苦手かもしれない。お笑い要素あると笑えるんだけど。
描き手の方や読み手の方はむしろそこが美味しいですよね、うん、わかるんだ。

それ言ったらお前の書くせいそういんやらへいちょうやら何なんだよ、と言われそうなくらいミカサスキーなんですけれどもorz どんだけミカサに甘いと思ってんだと。

二次は好き放題するものなので、批判したいというのとは違うのです、ただ、自分には合わないなあ、というのと、好みではないな、というのがあるだけで。たまに、私にとっていいなと思えるのあるかなー、と読んでみると「女子化」に当たっちゃうんですよねw なんだったら性別変わってるwww にょたいかまでしてるwww 性別にこだわってる時点で、私には愛が足りないのかもしれないw
そして、大好きな男性キャラを女子化させたい気持ちが私にはないんだなあ、というのを実感しております(ネタ的には思いつけば書くかもしれないけど)。でも、書いて、と言われていざ書いたら案外読み手の方にはちゃんと可愛さが出てるように見えたりするものなんだろうか。それが女子的可愛さに読み取れるようだったらちょっと残念だな…。筆力が試され過ぎる。

基本、男同士でなくても成立しそうな話だったり、そのキャラ同士じゃなくてもいい話っぽいと関心が湧かない、ような気がする。
ただヤってるだけのえろ、って、絵で表現出来るひとには意味があると思うんですけど、文章で自分で書くとなると全く意味を成さないものになります。まず、えろを面白く書けない(笑)。えろだけでもたせる文章は難しいなー。絶対つまらなく書ける自信がある(笑)。もうリヴァイとミカサである意味すらなくなる自信がある!www
文章で、純然たるえろだけで読ませられるってすごいのでは。私、えろは好きだけど書きたいのえろそのものじゃないから余計えろくならないのだろうか(えろはそっと添えるだけ、くらいで、カプの心情の交わりとかに関心がいってしまう)。ぐぬぬ。

読むだけなら、まんがであっても「それヤってるだけなら別にリヴァミカじゃなくてもいいかな」みたいな気分になるかもしれない。あんまりそういうの読んだことがないですけれども。無理矢理でも無理矢理なりに意味があったり、そこに至るまでの何かとか、そこから始まって帰結する何かがあると読めるな。たまに唐突にへいちょうがミカサを襲って、みたいなのも見かけるんですけど(ちょこっと書いたことあるけど。「鳥籠姫」も3つ書こうとか昔思ってたな。「鳥籠」、すくかーでも出るけど多分性癖なんだろうと思う。私のえろの原点だものwww)、力技だなオイ! って感心しながら読んだりしてるw
脈絡なくえろに走る作品でも、脈絡の無さに脈絡や意味を感じたいめんどくさいタイプです(ダメだこりゃ)。

まるで感情が交錯しないのに互いが互いに必要でならない、みたいな男性同士のイロコイモノなら書いてみたいけど一次で書くほど情熱ないし、好きなCPいないし(というか、男性と男性、という時点で今はCPとして見ることがほぼナシ)。
なお、自分にとって特別推しではないせいか、エレンとジャンがじゃれてる(BL的なのも含めて)のは何となく平気です。自分が好きなキャラに影響を及ぼさないからか? ある意味、定番のオイシイ関係性だな、と思うからかも。対立してるけど本気で嫌ってる訳ではない二人はくっつけたいものですよね、うんうん。

昔は、二次BLよく読んだんですけどね。思えば、作品にもキャラクターにも強い思い入れと呼べるものがないものばかりでした。だから、カップリングも誰と誰であろうがそれほど気にならないし(でも、何で××と△△!? と思う組み合わせはあるw まるで接点がない二人がカップルになってるとびっくりするw)、何でも読めました。

なお、そういうものに親しんだのがあまりにも大昔なので、男女CPでも受攻呼びするのはびっくりです。昔はあくまでも男×男でばかりそう呼称したので。
そりゃ女性が積極的な場合もあるか。そういう意味ではよい世の中になったものよ。

とりあえずりばみかで書きたいネタは書いておきたい…。あと何年かかるんだろ。連載終わってもひっそり書いてそうな気がしますw
リヴァミカをお好きなお気持ちが続く限り、お付き合い頂ければ幸いです。

この度も本当にありがとうございました。感想やコメント書かれるのも、色々と余裕がなければ大変かと思うのですが、いつもマメに頂戴しておりまして、その都度感激しております。
書きたいものを書き散らしているだけなのにわざわざお手数かけてまで、…ううう(泣)。

またのお越しをお待ちしております。

以下は例のアレ、です。とらうま云々。こちらもやたらと長いです、すみません(´・_・`)←あ。これ、みかさ…。

20180907→0910



tearoom.jpg

えーと。私の例のトラウマ、なのですが。実はこんな流れでした。私と距離を置こうとした方を、Aさんとします。敬称は省略。

1:Aがツイート
2:私がリプ
3:A、反応ナシ(いつもなら何かしら反応がある)
4:私、何となくイヤな予感がして、ふ、と自分のフォロイー数を見、その後一覧を見る
 →Aの鍵垢の表示が消えている(Aとは表・鍵付どちらもフォロワー/フォロイーの関係)
5:DMを送信、連絡するも反応ナシ(※)
6:「私が何をしたかはわからないが迷惑をかけていたのだとしたら申し訳ない。今までありがとう」という内容のDMを改めて送るも反応ナシ
6:少々経ってから「あ、私が繋がってること自体迷惑なんだな」とやっと気づき、私から表のアカウントをブロ解する

こんなカンジでした。
今にして思うと、Aさんは、ちょうど私をじんわりと疎遠にしようとしているところで、私が思いの外あっさり気づいただけなのかもしれません(笑)。
ブロックは、されてなかったのです。おそらく先方が手を打っていたとすれば、ミュートだったのだと思います。
ブロックされると、相手のプロフが読めなくなりまして、「あなたをブロックしています」の旨が見えますので。拝見出来ておりましたから、ブロックではないですね。ミュートであれば、私のツイート等が自分のAさんのTLに表示されず、目につかなくなる分、さりげなくスルー出来ます。
でも、ミュートでも、自分宛てのリプは表示されるんですね。@ツイートも見えます。でも、スルーしているのだから、これはもう無視したい、見てないことにしたい、ということなんだろうな、と。

お互いフォロワー/フォロイーがカブってはいたので、あからさまに避けているのが周囲に見えるのは回避して下さったんだろうと思います。みんないいオトナなので、誰も追究しようとは思わないと思うんですけど(笑)、言わないまでも内心で穿鑿されるのも楽しいことではないでしょうし。

もしかしたら、たまたま(私は鬼リツなので)表示を消しておきたかっただけかもしれないですし、距離は置きたいけどもわざわざブロ解するほどでもない、と思っていたのかもしれないし、あるいは時期を見て切ろうと思っていたのかもしれない。

ここで、上記の5、が絡んできます。

以前、仲良くして下さってる方(Bさんとします)のフォローが解除されている、ということがありました。ブロックにしても何にしても、したい側が操作しないことには出来ません。私は何もしてないし、Bさんももちろん何もしてませんでした。びっくりして、連絡して、改めてフォロー/フォロバの操作をお互いにしまして、また元の通りになりました。
この時、フォロイーのリストで見てみたところ、新規で繋がったひと、ということで、Bさんはいちばん上に表示されました。ところが、だいぶ経過してから何気なくフォロイーのリストを確認した時、Bさんは「元の位置」に表示されていたのです。
設定でどうこう出来るかは未確認なのですが、フォロワーやフォロイーの一覧は、(私の場合)繋がった時期が古いほど下に表示されます。新規の方がいちばん上に表示される。
Bさん、私にとっては二番目にフォローして下さった方だったのです。だから、リストのほぼ一番下に表示されてました。それが、フォロー/フォロバのし直しで上に来ていたはずなのに、また元の位置に。

どうも、勝手に外れたり戻ったりしてるような気がするのですね。ほかのフォロイーさんでもそうなんですが。
数がいつも増減するんですよ。私はまだそれほど多くないので、数字はぼんやり覚えているのですが、つい昨日まで130だったのが、128とか129と出る。本当に先方から外されただけなのかもしれないのですが、時間が経過すると「〇〇さんにフォローされました」と通知が来るんです。その方、だいぶ前にフォローして下さった方なのに。探し出してまで再度フォローして下さった訳ではないのは確実です。その方、神父様なので(笑)。いいねをしたひとをフォローして下さる方のようです。一度勝手に外れて、(私のフォロワーさんにとってのフォロイーさんなので、私のTLにも表示されるため)いいねさせて頂いた時にフォローしてないならしよう、と思った下さったのかもしれないですし、勝手にフォローが戻っただけかもしれない。
何故そんなふうになるのかはわからないし、私の思い違いとか思い込みなのかもしれないんですが、しょっちゅうそんなことが発生してます。

長くなりました。Aさんにも、その旨を伝えるDMを送った、のです。それが「5」に相当します。「もしかしたら、Bさんとの時みたいに、フォローして頂いてるのが解除されたかもしれません」という内容で送りました。

ブロックなら届きません(あるいは届いても本人には表示されない)が、ミュートなら見られるはず。でも、何のお返事もありませんでしたので、そこでやっと「そういうことなんだ」と気づいた訳です。それで、一応お詫びのメールを再度送りました。

……なので、「間違って」ではなく、明瞭なご意志の元にスルーされたのだと思います。

コレが発覚した当初は、「私はどんな失礼を働いたんだろう」とかなり悩みました。でも、Aさんはスルーしたい訳ですし、係わらなければ別にどうでもいいと思ってるんだろう、と割り切りまして、現在に至ります。
また、フォロワー/フォロイーがカブるので、私から敢えてブロックしました。共通の繋がってるひとが居ると、自分がフォローしてなくても、TLにツイートが表示されちゃうんですよ。これは迷惑だろうな、と思ったので、遅まきながらこちらから。気づかない期間が長くて申し訳ないくらいでした。もう一切表示されることもないかと思うので、そこだけはどうにか義理を果たせたのではないかと思うことにしています。もう私のことはどうでもいい人間なので、多分それ(ブロック)に気づいてすらいらっしゃらないのではないかと思います。それでいいし、お互い平和だと思います。私のTLにも先方のツイート等は一切流れず、申し訳なさにもんどりうつこともありません。

ある月半ばにソレが発覚したのですが、月アタマにはしょーもないやり取りをしてフツウに会話しておりました。その発覚までの数日間、私は別な方と頻繁にやり取りしておりました。

TLの表示はいつも、そして今も謎だらけでして、同一人物のツイートの時間の前後が発生するし(通常は0:00のツイートと0:05のツイートなら後者が最新のものとしてより上に表示されるはずなのですが、何故か最新ではないものが上に表示されることがあります。内容が前後して「?」となることも)、誰かのツイートが表示されず、忙しくてらっしゃるのかな、と思うと翌日「ハイライト」などと言って十数時間も前のものがひょっこり出てきたりします。
私の場合、そもそも情報収集メインに使うつもりのアカウントだったので、「進撃」繋がりの方よりもそういうアカウントのフォローが多いです。そちらのツイートがずらり、というカンジ。また、情報発信系はツイートそのものも活発なんですよね。
もっと使い方に慣れてから徐々にフォローしてみようと思っていたら、始めて間もなくあっさり見つけて下さった方がいらして、そこからほろほろと増えていきました。

私がたまたま盛り上がってその別な方とやり取りしていた時に、あまりAさんのツイートが表示されることがなく、きっとお忙しいのだろう、と思っていました(以前から支部等で拝見していて気になっていた方とおしゃべり出来てはしゃいでおりましたorz)。
ですが、タイミングやほかのツイートが表示されたりで見えていなかっただけで、Aさんなりにちまちまと色々ツイートはされていたようだと後になってからわかりました。
ふだん反応する私が、無視しているように見えたのかな、とふと思ったりもしたのですが、それもおそらく邪推や思い込みに過ぎないのでしょう。私より断然フォロワー数も多い方なので、色々反応もあったはずですし。

加えて、自分の作品の質が向上しない・させるのが難しいことなどで悩んで落ち込んでた時期でもあったので、ネガな発言がぽつぽつ出てしまってました。ネガな発言を嫌う方や、好もしいと思わない方もいらっしゃるので、その点は申し訳なかったと思います。自分がフォロワーさんが何かネガ発言とかしていても特に気にならないタチなので、控える、ということをしてなかった。愚痴だとか何かに怒りをぶつけていても、ああ今はそういう気分なんだな、と思うだけなので。心配になったりはしても、イヤとまでは思わない。
もしかしたら、Aさんは、そういうのがとてもイヤだった、のかもしれません。

ですが、結局のところ「わからない」です。

…というような顛末でした。

Aさんは私からフォローした進撃繋がりの方ではいちばん最初の方だったのですが、ずっと我慢していただけだったのかな、とか、まあ色々考えてしまいまして。当初はフレンドリィにありがとうございます、と仰っていたけれど、本当は仕方なくだったのかもしれないな、徐々にイヤになっていたけれど、私からリプが来てしまってなかなか遠ざけられなかったのかな、等々。
それ故に、「今後こちらからフォローするのは控えよう」に繋がった、という訳です。されても、合わないなと思えばブロ解されるとは思うのですが、されるんだろうな、されるかもしれないな、と思いながらフォローするのも何だか失礼なハナシのような気もしますし、もやっとしてしまいました。
私は、共通の好きなもので繋がった方で、よほどイヤな思いをしない限りは自分から解除するつもりがないので。頂けたご縁なら大切にしたいです。
ネガティヴツイートも気にならないし(誰にでもそういう時くらいあるだろう、としか思わない。元気になって欲しいなあとは思う)、楽しそうに会話してるのを見てるのは楽しいし、自分から誰かにリプするのもしてもらえるのも楽しい。
もしそういうのが楽しめない気分なら、ついったーにログインしなければいいし、どうとでも出来ます。
作品Upして下さる方なら逐一拝見出来て楽しい(そして、こういうのがちゃんとTLに来ずに翌日だの何日も経過してから気づくことになって悔しい思いをする)。ありがたいことです。
以前も申しましたが、嫌えるほど深いお付き合いも出来てないのでは、とも思っています。でも、イヤなものはイヤ、というのもわかる。

Aさんと没交渉になってから、新しい交流が生まれたり、それまでに生まれなかったタイプのネタが降ってきたりしたので、不要になったものを手放して、新たなものが手に入ったんだろう、と思うことにしています。

TwitterはそもそもSNSではない、そうなので、繋がることが目的だとしんどそうです。ついったーの中の人曰く「共感で繋がるツール」、とのこと。私は興味あるものの情報を得るべくフォローするのがメインで、「進撃」スキーの皆さんとの繋がりはたまたま運良く頂いたご褒美みたいなものと思っています。
係わって下さる方のお気遣いや優しさ、お人柄故に大切になったものがあるだけで、SNSではないし、繋がることそのものが重要だとは思わないですし、思わない方がいいものなんだろう、とも思います。

ただ、相変わらず鬼リツの女なので、フォロワーさんフォロイーさんにはちょっと申し訳ないです。いいねしただけで後からも遡ったり探し出せたらいいんですけど、どんどん古いものは探しにくくなるのでつい。
ツイプロ辺りリンクさせて、お断り入れといた方がいいのかな…。

すごく気遣いの上手な、優しい方とも、沢山出会ってはおります。それは、現実世界と同じですね。
無言でフォローして下さって、こちらからフォロバしたら、わざわざ丁寧にDMで挨拶をして下さった方も何人かいらっしゃいますし、偶然コメ有りのリツでリプを下さってから、フォローにまで至って、時々楽しくおしゃべりさせて頂いている方もいらっしゃいます。
何にせよありがたいものだと思います。離れていくひとが居るのも、仕方のないことですし、それ自体を気にしてもどうにもならないですよね。

お気遣い下さってありがとうございます。トラウマなのは私からのフォロー(をして先方に何かを我慢させるのでは)という点のみなので、これをしないでいれば平穏なのではないかと思います。
関連記事
最終更新日2018-09-10
Posted by 璃果

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply