FC2ブログ

先月よりも頑張りましょう。(目標)

璃果

hibiki-2.jpg

※本誌最新号(8月号)でのネタにも触れますので要注意。「続きを読む」とかで特に分けておりません、ごめんなさい。あまり具体的に核心には触れてないですが、念のため。

あっという間に7月も上旬終わろうとしてるじゃないのよ…(これ打ち始めは9日。いつうp出来るかわからんので念のため)。

ようやく先日まで長々と打ったコメ返をうpして、ちょっと気が楽になりました。書いても書いても公式に喧嘩売ってるだけの内容になってるんだけど、コメ主様に文句つけてるみたいに見えたらどうしようかと今も気になる。

西日本が豪雨で大打撃を受けたニュウスを毎日見て悲しくなる。私は東の人間なんだけど、西の方とのご縁を頂くことがとてもとても多くて、知り合えた方や友人が結構お住まいなので、今以上に被害が広がらないことを願うことしか出来ない。
ここに遊びにいらしてる方、皆様御無事なのでしょうか。

今月は「進撃」3期開始ですね! 相変わらず謎のコラボがわさわさしてて、今はとうとう兵長監修洗剤みたいなネタが降ってきて笑うしかない。なんだよ「ア〇ック」買えってか! 今んとこ「ナ〇ックス」使ってんだけど。兵長デザインのボトルとか出んのか! やめてくれよ液ダレしたら汚れるだろ兵長並みにキレるからな!(怖い)

本誌。なんかもう怒濤のように、それでいて割とさらっととんでもないネタオンパレードでアタマがついていかないwww どうすんのコレwww

そして、相変わらずヒストリアのことはちゃんと心配するエレンさん…。いや、そりゃわかるよ。巨人化の能力を有するってことは命の期限を決められて、しかも始祖の巨人ともなれば基本自分の子供に食われろってことになる可能性大なんだから。ヒスは王家の血を引いてるから逃れられないし。

その気遣いは、「ただの家族」には与えられないものなんですかね、…。

そして妊娠妊娠言うてたらいきなりソッチ行った。マジか。お相手は誰なんだろ…。

ついでに、アッカーマンの血も絶やさない方向に行きませんかね。大事です。血が全てという訳ではないけれど、根絶やしにされかかった一族なのに今も二人生き続けているなんて、そのまままた絶えるのも残念ではないですか。ご子孫残されませんか。

リヴァイさん、いいお嬢さんがいらっしゃるのよ?(キヨミ様のような微笑)

でもって、嘘偽りなければ、我らの嫁がやんごとない一族の血を引いたマジもんのオヒメサマのようです。やだなにそれキタコレ。

でね、リヴァイさん、アチラは身分とか出自とか全く気にしない気さくなお嬢さんだから、思い切って婚約なさいませんこと?(何もかもぶっ飛ばしてソコ)多少剛毅なお嬢さんだから、殺しかねない視線で貴方を悩「殺」しようとしたり押し倒そうとしたり(実績アリ)なさるかもしれないんですけど、…ねえ? 若いお嬢さんは元気な方がよろしいでしょう?
とっとと、子供こしらえちゃいましょ! さくっと! 毎日あんなことそんなことしてたらきっとぽぽんと授かりますから!(じゅるり)

もはや私がキヨミ様以上にヤバい。

璃果、あなた疲れてるのよ。

テクノロジーの停滞と未発展、地下に眠る未知の資源、どこからどこまでが真実で誰なら信用に足るのかわからない状況、……エレンはエレンなりに悠長にしている余裕などないと判断しての単独行動だったようで。
限られた命と、まるで家畜のように扱われることになる女王の命運。突然(そしてうようやく)明かされたミカサの出自。「団長」という立場にさせられたハンジの密かな懊悩。

久しぶりにてらいのない笑顔のヒストリアを見たと思ったらあの展開だったので、……なんかもうつらいな。ミカサにじゃれるヒストリアが可愛かった。だからあの107話のラストの虚無と怒り?諦め?決意?が綯い交ぜになったみたいな表情が哀しかった。

エレンがヒストリアを気遣う理由は、何なんだろう。単純に、気の毒だから、血統の故に子に食われる運命を背負わされてるから?
ヒスとは、比較的共感し合えるものがあるからなー。
「要らない存在」として育ったヒスと、どこかで選ばれし者のような気持ちを持っていたのが覆されて生きるのを放棄しかけたエレンと。ただ誤魔化して偽っていい子だったクリスタより、今のヒストリアの方がいいと言ったエレン。

生まれる状況も親も選べないのに、背負わされる理不尽。

アッカーマンというだけで、東洋人というだけで迫害される。王家の血筋というだけで親やきょうだいを食って自分もまた食われなくてはならない。親の主張を強く受け継ぎつつもそのぬるさを除外するように排除して同胞を殺し続けた矛盾を抱える。ただ平和に暮らしていただけなのに、自分たちには関係のない理由で付け狙われて襲撃されるかもしれないパラディ勢。脅威だった巨人の力が今度は自分たちを護る鎧と武器になる皮肉。

そうでした。世界は残酷なんだった。

それに抗うひとたちのおはなしだった。そういうのを、毎号毎話確認させられてる気がする。受け容れて死ぬ自由、戦って抗う自由、誰もが自由なのに、それ故に苦しくてつらい。

世界が美しいのは、諾々と運命を受け容れないひとたちが居るからなんだろうなあと思う。

ミカサが残酷だけど美しいと感じられるのはエレンが居たからで、エレンはいつも前に進もうとするから。ミカサもアルミンも置き去りにして。
抗うのはこの世界に生まれたからだ、って。

抗って抗って、押し付けられたものを黙って受け取ろうとしないひとたちの物語だから、ひきつけられるんだろうなー。

はー…。今月はやや低体温気味に(きっとあえてそうなんだろう)これでもかこれでもかとすんげえのがぶち込まれて、散弾銃をゆっくり食らったみたいな気分です。
エレンの怒りももっともだなあと思いつつ、こんな道しかなかったのかという、何とも複雑な気分。

複雑と言えば。アニメ3期、私はまたもRevoさんの素晴らしい楽曲で盛り立てられるのだと思っておりました。リンホラのOPあっての「進撃」と思っていた。

まさか違うなんててててててててててて。まじかよ…orz

ほかのどんな素敵なアーティストさんが起用されたってしょんもりなんだよ…orz 自分の大好きなアーティストが起用されてもせつなかったと思う(EDだったら構わない。もう、うぇるかむ)。

Revoさんの進撃愛の詰まった楽曲、新たなそれは一体どんな曲が、と期待しまくっていたのに!

3期は巨人との戦いではなく、壁内の人間同士の衝突や近親者との闘いに焦点をあてた、ともすればダイナミズムに欠けてつまらないなどと揶揄されたこともある「王政」篇。それまでとはちょっと物語の毛色も違うから、それが楽曲になった時にどんな風になるんだろう、とものすごく楽しみにしてた。
「紅蓮」あって「翼」あって「心臓」あって、アルバムどん!でキャラに焦点あてた曲があって、そのどれもがそれぞれに素晴らしかったから、じゃあ王政篇どうなるの!? とずっと期待していたのに。

やっぱり、「進撃」OPと言えばリンホラだったので、ついったでも「リンホラじゃないんですか」のリプだらけ。起用されたアーティストなんも悪くない。きっとそれはそれで素晴らしい楽曲だと思う。でも、私はリンホラの進撃OP新作、を待ちわびてたんだよう…!!

…というですね、かなしみを噛み締めて、「別マガ」発売日を迎えて終わりました。

今年〇歳になろうという女が、アニメのOPひとつにここまでぎゃーぎゃー言えるってすごいね! まんが読んでめりけんのお人形買ってクラフト・フェア行って二次小説書いてる!! すごい!

という訳で小説書くのに戻りますね!

7月はもう少しあれこれ書いてまとめて何かしらうpしたい。先月2本! しかも「日々記」のみ! ナニソレ。
頑張れわたし…(眠くて首もげそう)。
関連記事
Posted by璃果

Comments 2

There are no comments yet.
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/07/16 (Mon) 12:18 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/07/10 (Tue) 15:55 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply