FC2ブログ

風邪を引く6月…orz

璃果

hibiki-1.jpg

コレが先に出た「日々記」で言ってた記事です。誤字脱字酷そうだけど、もう眼が機能しないのでどうにか補足しつつお読み頂ければ幸いです。


ろくがつです! 早いね! 来月には「進撃」3期だよ!!

本当に、早いもので、月が改まったと思ったらもう10日くらい経とうとしています(コレ8日明け方に打ち始めた)。明日には「別マガ」やで…。そろそろパラディ空白の4年間話を交えつつ今後について皆で話し合ったりするのかね?
サシャたんが生きてるとか諫山先生はおやりにならないであろう展開になったりはせんだろうね?(なったら私ちょっと違う意味で立ち直れない…。「ジャ〇プ」じゃないんだからさ…。てかあの距離で撃たれて防弾出来てたら誰も死にゃしねえんだよ!! そういうこと、諫山先生がすると思えない! ホントに、あのみょうちくりんな情報、ソースどこなんだよ…電波過ぎるだろ…! ←思い出して怒る)

先月はふいにりばみかすきーさんたちとの交流が深まったというか濃ゆくなりまして、連絡先交換したりお手紙が飛び交ったりチャットしたりしておりました。会ったこともないのに!!(笑)
いきなりおしゃべりですよ! LINEを使って。スマホ、集音能力高い! その辺に置いておいても聞こえるしちゃんと先方に声届く!! でも、なんかはわはわしてあまりしゃべれなかった…さすがコミュ障。なお、飲みながらでした(笑)。ばーちゃる宅飲み会www そして、私はやはり1on1が話しやすいな、と思いました。意見交換とかしやすい。ちゃんと聞けてちゃんと話せる気がする。複数人だとなんか「あ、今は黙っておいた方がいいのかな。話したそうだから口挟んだらアレかな」とか思ってしまって途中からほぼだんまりになった(笑)。

日記をサボり過ぎて、もはや小説執筆のデータがその日を思い出すよすがとなっていて大変ヤバイです。自分のついったとか確認して過去を眺める始末。そして、思いつきをつぶやいてるのでバカネタがあったのも思い出しましたのでうpしときます。5月1日だったよ…何しとんじゃわし…。

すくかーの清掃員さんとごすみかちゃんが結婚して子供が出来てから、ということで。授業参観に夫婦で行ったらこうなった3つ。

そのいち。

授業参観で「母さんに『父さんのどこが好き』と訊いたら全部と答えました」って作文読まれて隣の嫁をガン見するアッカーマンさんと真っ赤になる嫁とによによが止まらない周囲の父兄。

「今夜はこの子夕食抜き…(真顔)」

震える嫁を見て表情ひとつ変えず夜が楽しみなアッカーマンさん。

ハハッ

そのに。

「父さんにどうして母さんと結婚したのと訊いたら『強い女ほど支えてやらなきゃならねえんだよ。弱い自分が許せなくて誰にも甘えられねえだろ』と言いました」って作文読まれて号泣する嫁を抱き寄せるアッカーマンさんに凍りつく周囲の父兄。

もはやアッカーマン家暴露大会と化す参観日。

ハハッ

そのさん。

「お父さんは照れ屋さんだから作文にあれこれ書かないの、と母さんに言われました。それを見た父さんが母さんを抱き締めてキスしたので自分の部屋に戻りました」って作文読まれてさすがに頭を抱えるアッカーマンさんと赤面して俯く嫁を笑いたいの堪えてガン見する周囲の父兄。

参観日が娯楽と化す。



なお、前も言いましたが、基本同じひとをベースにしたキャラクターなので、大体どの舞台設定でも似たようなことをヌカします。「みかーさ」と「すくかー」では子供編成ももう決まっているというね!(名前も全部決まってる。私が読ませて頂いた二次は名前出さないことがほとんどなんだけど、私のは自分の書いたストーリィ上コレだな、というのをつけてあります)
「みかーさ」も手直しと続き書きたいなあ…。

あ! 最近、すくかーヴァレンタインが進んでおります。楽しい。ものすごく書くの楽しい。 やっと清掃員さんがミカサを連れてドライブ出発するとこまで来た!(それまで何してたんだって話だな…。えーと、二人でおうちに篭ってらぶらぶしたり、それぞれがこころの闇に浸かってどんよりしたりしてました。安定の璃果すくかー)
せいそういんさんはごすみかちゃんのためならもう何でもするねコレ…。可愛くてしょーがないんだね、あーはいはい、と思いながら書いております。みっかが笑う顔見たさにあれやこれやと。カネ使う手を尽くすみっかが喜ぶならゴスな服も着る!

(ここで10日になっております。昨日9日に本誌読みました。それまでの押し寄せる濁流みたいな流れから、ちょっと落ち着いてましたね。でもって、どうも風邪引いたっぽいです。微熱があって鼻が詰まって苦しい…)

もとい。今回は実際にあるナントカ、よりも、ありそうだな、あったらいいな、みたいな要素が今まで以上に強くて、資料集め?が大変というかそこで寄り道してるというか…。自分のアタマの中の映像と、現実に一致しそうなものを探し出して、それを組み合わせてひとつのものをつくる、みたいなことをしていて(たとえば、実在しない建物、とか、お店、とか、そういうもの)、そういうとこに時間食ってます。

楽しいんだけど。

画像集めが楽しくて楽しくて困る。気に入った画像に限らず、ばんばん集めて取っておきたいタイプなのですが、思い切って某アプリ? サービス? を利用し始めたら、あれこれ「これどうよ?」と出してくれたりして夢中になって集めてるっていう…馬鹿なんだね、やっぱり。
自分のPCに保存するといっても限度があるので、ありがたいです。たま~についったで「いいの見つけた!」って見せびらかすけど、ことごとくふぉろわさんとはシュミが違うらしく、スルーされてるけども(笑)。というかりついーとの鬼なのでスルーされるやろそら(いいねだけだと後で見つけたい情報がうまいこと見つからないのです…)。
SNSじゃないから繋がりがさほど生まれなくてラク。コミュ障だから、ついったもちまちま自分でひっそりつぶやいて情報収集するために始めたのに…ありがたくもフォローして頂いてしまってりばみかすきーさんとの繋がりが生まれてしまった。後悔するような出会いもあったけど(笑)。

ヴァレンタイン+ミカサ誕なので、まだ舞台は冬。雪だの寒いだのもう大変。だから風邪引いたのか?(違います)感覚がもう夏なので思い出しつつ書くハメに。とっとと書き終えればよかったものを…。
可愛いミカサを更に可愛く書きたいよー。でも随分原作から乖離してもーた…。原作のエレンエレン言うてるのがりばいりばい言うてるだけですしおすし。言い切りよった。

「魔女集会」もやっと後朝から通常の生活に移って、……ええ、まあ、りばいちゃんがこれでもかとまじょこに尽くしております。

お前はどんだけふだんエレンにぞんざいに扱われるミカサの現状を恨んでおるのかと。

ミカサは粗末にされ過ぎなんだよう! 俺が頼めばミカサはイヤって言わないよな的エレンさんとかね! 原作で言えばミカサはそれである意味しあわせなんだろうけど。

私が不満です。

この甘やかしモードが落ち着いたら新しい展開に入ります。りばいちゃんが徐々にりばいさんになっていきますしね。
もう300枚は堅いね!

続きには、「別マガ」本誌最新話(106話)の感想があります。いつものようにクダ巻いてるだけなので、お付き合い頂ける方のみどうぞ。
seafood.jpg

106話読みました。謎の多い女性・イェレナが一応自分のことを明かしてました。オニャンコポン(サシャ曰く「おにゃん ぽ こん」)もやはり壁外からの人物と明確に(だってずっとWASPっぽいひとしか壁内見たことないし)。
武器や兵器その他のパラディにはない情報をどう得たかも明確になりました。やっぱりイェレナら義勇兵らから、そして拿捕した船の乗組員を捕虜にして、そこからも得てたってことね。それしかねえもんな。イェレナが先導して。彼女は現実世界だとロシアとか東欧系っぽいのかな。また腹の底読めねえのが来たw

久々に未知の情報や知識にwktkするハンジさんが見られて嬉しかった(笑)。可愛いwww モブリットが居た頃を思い出してちょっとしんみりもしましたが。もし居たら「団長。落ち着いて下さい。アンタうるさいです(怒)」とか突っ込まれてんだろうなあ…。
そして久々の兵長との漫才がwww 嬉しいwww 「びびってんじゃねえよ」とか言われてるwww [ナメられるだろうが」ってwww へいちょうwwwww きっとしばきたいの我慢してるwww 蹴りたいの我慢してるwww 蹴りたいハンジwww 私も蹴りたいwww 私の好きな兵長とハンジさんてあんなのwww

パラディ空白の4年間について語られ始めたために、15~16歳当時の104期が見られたのも嬉しかった。まだエレンがカルラまま似だよ!!
サシャがいやしさ全開でがつがつシーフード料理かっくらってたのも嬉しい反面泣けた。肉以外もんまいと知ったのね。でも肉食いたかったんだね、……(自分の発言にヘコむ)。

アルミンはやはり互いの無理解や現状を乗り越えて講和的状況に持って行きたかったらしきことが明確になってた。ミンはそうだよね。相手は巨人じゃないんだから。人間と人間なら、と希望を見出したいのがミンだよ…(その代わり、どうにもならないとなれば腹括れるのもミン)。
エレンはもう敵対してる同士そんなことちんたらやってたら殺られて終わりだろうが、というカンジで。だからこそ軍部メイン壊滅させた訳だし(しかしまだ巨人2体おるなあ…しかもアタマの回るピークたん…てかそんなにアタマ回るのに何でマーレで奴隷みたいなry)。
あのアルミンが、ミカサよりもエレンを理解してる自負があったのにもうわからない、とつぶやいているのがせつない。誰よりも信用して欲しかったし自分もしてたはずの親友なのに、もう「わからない」。なかなかの絶望感。

前兆はあったよね。…海と貝殻。子供時代の終わりと、夢の霧散、現実との対峙、時間と空間を共にしながらのある種の別離。近くに居るのに誰よりも遠くなる。

よって、その絶望感を吐露出来る相手はエレンでもミカサでもない、という。ミカサは何かあっても/何があってもエレンについていくだろう、と「わかってる」もんなあ(きちんと本文中でミカサもどちらかというとアルミンよりの考えを有してるらしきことが描写されてるのがまた憎いですせんせい…)。

読者の多くがどこかで何となく繋がりを感じ続けてたアニに。やはりまだ結晶の中だった。アニが自ら出てこようとしない限り無理なのかも。「顎の巨人」の歯と巨人の破壊力を利用すれば、能力はせしめられるんだろうけど。
何も言ってくれないからこそ言えるし、だからこそとっとと出てきて思いの丈のひとつもぶちまけてくれればと思う、んじゃないのかと。嘘をついてひとと関わるのを避けて敵と見なされても「任務」を遂行しようとしてかなわなかったアニは、何を考えてたんだろう。しかも何ひとつ言わずに泣きながら結晶に閉じこもるって。ねえ。

自分に常に厳しい現実を突きつける相手であるアニ。具体的に何か語ってくれる訳ではないのに、ふいにナイフでも向けるように距離を取りつつ詰めるように踏み込んでくるアニに。
分かち合えなかった憧れと夢の成就を意味する海で拾った貝殻(マジであったか。脳内では持ってたんだけどw)を手に、「相変わらず」何も言わないアニに。

サシャの墓碑と思しき碑にもたれるミカサもせつなかった。私はつくりばなしで親元(地元)に還してあげちゃったけど、共同墓地に英霊としてねむる、んだろうな。軍隊だもんなー(それがわかってたので故郷に還す話にしたんだけども)。

兵長、変わってないんだなあ、としみじみ。そして、エレンの真っ直ぐさを、彼なりに愛してた(ヘンな意味ではなく。大人として、自分が既に失って久しいものをまだ持ってる存在というのは、愛しいのではないのかなと)んだなあと105話も思い出しつつ。失望した顔とあのもらした台詞がなあ…。
ジークを殺したいけどパラディと兵団のためにこらえてたなー。「俺は誓った!」ひとがね。化け物呼ばわりされてるけど、やはり理性と頭脳のひとではないか。そして秘める情熱と優しさとか何だソレ美味しいな相変わらず!
あと「穢れた悪魔の汚らわしい島へようこそ」とか「よろしければ」とかの皮肉のきいたおことばがががががががが! やだもう! もう! もう! もう!!!!(うるせえ)どうしたのりか長みたいなおクチお叩き遊ばされて!!

どうでもいいけど腐ったお嬢様方に、エルリ前提のジクリが発生しそうだな、と思いました。エルヴィンに忠誠を誓う兵長を、ってぱてぃーんに萌えるひとが居そうだな、と。てかもうあるかもしれんな…。

初めて今までとは違う兵服の着こなしするミカサさんも拝見致しました…! なんかお胸豊かに見えたお!? シャツじゃなくプルオーバーっぽい上に、パンツ…おっと璃果的にはトラウザーズwにインしてない!! ちょっと驚いた。腰布もないの。ミンもだったけど。どうした!? 立体機動ナシっつってもアレ標準装備だと思ってたぞ!?

諫山先生は意味のない描写はなさらない。…と思ってたら、ついったで妊娠してるのでは? と言ってるひとが居たそうな(いつもシャツのミカサがゆったりチュニック系だったしね)。あー…、まあ、結婚同棲説も出てたからもう驚かないよ(反吐出そうなだけで)。
それよりも、そこに至った経緯の方が大事。だって妊娠て言うならどうせエレンの子供でしょ?(もちろんりばみか脳の誰かが「そうなる前に兵長と結ばれてて実はソレ兵長の子供」ってぱてぃーんの二次を……誰か来ました!)
ミカサがしあわせならそれはそれで飲むけども。今のあの描かれて私たち読者にも見える範囲でわかってるエレンと結ばれて、それでもまあミカサはしあわせなのかもしれないけれど、……なんかね。ミカサを道具にしてるように見えちゃったエレンだとね。何回でも巻いてやるエレンだったらまだしも。

エレンにはエレンなりの考えと目的が確固としてあって(いつも言うけど、純然たるエレンのみの意志や考えなのかが不明。継承者の記憶や「道」から伝えられる「ナニカ」の影響の有無がわからない)、そのために何かを犠牲にしなくてはならないと思っていて、実際そうして邁進してる、んだと思いたい。思いたいけれども、かつての自分たちがそうされたようにいきなり蹂躙して何の罪も無い無辜の民草を踏みにじるなんて、「必要なら」相手を殺す兵長でもしないことしちゃったエレン、てのは、その思惑めいたものがはっきりしない限り、「仕方ないね!」とあっさり甘受出来るものでもない訳です(私は、ですが)。
もし子供産ませるにしても、愛がどうのとか、ミカサをひとりにしないとか、そんなお美しいおべんちゃらめいた理由ではなく、何か目的があってのこととしか感じられない私の思考の冷たさよ。

エレンはエレンなりにミカサは大事。これは偽り無いと思う。ホントに、彼なりに大事なんだと思う。でも、ミカサが愛しいから二人の子供を、というよりも、その子供を産む・産ませることで生じる何らかのメリットが優先されるんじゃないかと。でもって、何なら、そういうミカサやアルミン、兵長や仲間全てから唾棄すべき存在として蔑まれて詰られても結果的に彼らを護る為に、とか、そんな、美味しいとか美味しくない通り越した読者が呆然となってしまう系の理由からだったりするんじゃないかと勝手に悶々としております。

「ミカサやアルミン みんなを救いたいなら 使命を全うしろ」

ここは、本当に、エレンにとって譲れない一線なんだと思ってる。クルーガーのかけた呪い。あるいはもって生まれた「エレン」の呪い。そして、その為には自分が道を踏み外してその二人を幻滅させることになってもやらなくちゃいけない、その為ならクズにでも外道にでも成り下がると腹を括った、とでも思いたい。そのためだけに「戦え」って自分を追い詰めてるんだと。

思いたいわ…。

あれかね、よくあるループ説、あれでね、ミカサとエレンの子供が息子でエレンJr.で、息子が生まれた場合代々父親の名前継いでいってね、ある代でエレン・クルーガーになるんでしょってね!(なんかもういろいろとやけくそ)

「救う」というのが、何からなのか。そら簡単に言えばマーレを始めとするパラディ殲滅を望む多勢を退けて生き残る(しかもこの場合基本彼ら「パラディの悪魔」がかつてそうだったように人類を巨人の力で支配か、パラディによる他勢力の殲滅・制圧くらいしかなさそう)ってことだとは思うけど。
遺恨を刈り取れなければまた繰り返すだけだから、まあ、相手を根絶やしにするしかないでしょう。でも、それが成功したとして(するかね? 人間を、独り残らず? いやいやいや。これが存外、ねえ)内部からの反発があれば今度は内戦ですよ。なんだかもう、…。それこそ「繰り返す」だけになるんだなあ。クルーガーの呪い恐るべし…。

マーレ襲撃とエレン奪還(?)という山場を越えて、ようやくのパラディ空白の4年間。はああああああ(嘆息)。

アルミンはいつからああしてアニの元を訪れてたんだろう。許可なく行けるものでもない気がするんだけど。今ならもう調査兵団のトップ寄り中枢だから(そして巨人化能力者)、割と簡単に行ける立場にありそうな。そう考えると、やっぱりマリア最終奪還作戦後かな。
でもって、あの硬化結晶の中でもアニは同じ時の流れを経ているのか(ようするに、老化・成長があるのか、という意味。いや、…19歳アルミンと15~16歳で時の止まったままのアニなのか、一応精神はさておき肉体的には同じく19歳前後なのか)。

エレンの「ヒストリアの身を案じて」は、どういう次元で言ったのか。グリシャの記憶の中で聞いたであろう姉のフリーダの台詞は明かされてないんだよなあ。そしてちったあその気遣いをミカサにも(ry

巨人化能力を手に入れるってのは、結局、明確な寿命が定められることだから、確かに軽々にはやっていいことではないけど。

……この私が結構なエレン擁護を(いえ、エレンは嫌いではないの。ただ、より好きなキャラがほかにいるだけ)。だってそうでもないとミカサが浮かばれないじゃん! うむ。結局はそこなのじゃ。

エレンがどんな残虐なことを厭わないのも、全て「ミカサやアルミン みんなを救いたい」からだと、一応は信じてる。何からなのかはわかるようでわからない(明確と見せかけてねじれた意味だったりもっと大きく捕らえたものだったりと、いさやませんせいは読めないのでこれもまたわからない!!)けども。心を鬼にしてああいうことしてるんだと思いたい。自分ひとりが全部の罪を背負う気でやってんだと。

「エレン(主人公)が何かする」物語のようでいて、「主人公の存在や思惑のために動く人々」の物語なのかな。いや世界ありきで主人公生まれたんだから、その考えそのものが甘いってかオカシイか。
主人公が本懐を遂げる、てのも、物語のひとつの醍醐味というか、それこそが本題だったりすると思うんだけど、これが本当の意味で最善だったりカタルシスになったりするのかどうか、そこもまた楽しみです(慄きつつも)。

毎月楽しみ過ぎる…。いさやませんせいすごい(毎月言ってる)。
関連記事
Posted by璃果

Comments 3

There are no comments yet.
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/06/29 (Fri) 06:13 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/06/27 (Wed) 15:33 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/06/22 (Fri) 13:02 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply