魔女の弟子とその恋人 ―魔女集会的リヴァミカSS集:1

majosyukai-top.jpg

以前の「日々記」で言っていた、ついったにて不定期更新中の魔女集会的りばみかSS。こちらでもまとめることに致しました。

5~6本書き溜めてはチェックしつつうpで、2/21深夜現在、30話目まで作成完了しました。

思いつきで(そしてノープランでw)書いては進めているので(一応わざとでもあるんだけど)、場面がざくざく変化して進んではいきなり過去に行ったり回想に入ったりしております。1枚でも存在させられるものであって連作、なので、いい意味で言えばメリハリをつけている、つもりなのですが、物語の大筋はシンプルなので大変にまったりゆったり進んでいます。核心に迫ると離れて放置されるめんどくさい展開の仕方なので、全部終わってから読む方がイライラしないかもしれません。

1枚全て200文字。改行で1文字空けるのとかもカウントしてのものなので、実は厳密に200文字きっちりではないのですが。
心の声も会話もそれぞれのっぺりと続けざまに綴られているので、わかりにくいかもしれません。

路上で死にかけてたリヴァイを魔女が拾うところから始まります。

ちまっとライナーノート付。

タイトル、先日のすくかー番外編「猟奇的なカノジョのカレとその恋人。」のセルフパロとなりました。そうだね! 手抜きだね! でもみんなにはナイショだよ!

Top画像、これ見つけた時ちょっとテンション上がった。赤いストール? マフラー? そしてこのダークさ! おおおおお色合いも白、黒、赤、でキレイ!

20180215-20180217



SS-majo1.jpg

第1話。というか、コレ、パイロット版みたいなもの、になっちゃった。何しろ「魔女集会!? なにこれいい! りばみかないの!? えええええハナシ浮かんだかも! 書く!」という勢いだけで出来ていて、この短い中に出逢った時と経年して魔女に迫る(笑)りばいちゃんが同時に描かれちゃってる…。でも、ま、いっか、と思って突き進みました。最初がもう過去現在混在状態なので進める時もそれでいっかー、と思って実際そうなりました。

SS-majo2.jpg

第2話。リヴァイとクシェルままには申し訳ないことにまたしてもまま不在で孤児状態のりばいちゃんに。舞台は漠然と中世の半ば以降みたいなカンジを想定。しかし私中世よーろっぱよくワカンネ(オイオイオイ…)。その辺りは雰囲気でお願いします…。日本での洋菓子って、名前がフランス語と英語が混在しててアレなので「焼き菓子」と表記。松の実とか練りこんで蜂蜜も使ったクランペットみたいなものじゃないですかね(適当かい)、そんなのを食べさせてます。小さいおくちでもぐもぐ。

SS-majo3.jpg

第3話。確か洋の東西を問わず、真名を知られるというのは支配・被支配の関係になる、みたいなのがあったはず。上代日本は貴人が娘に名前を尋ねたら求婚でしたね(娘が名乗れば成立)。ケルト辺りでは通り名を名乗って真名は明かさないみたいだし(まんがから仕入れた知識)。師匠って呼べって言われてりばいちゃん素直に呼ぶかっていうと…。

SS-majo4.jpg

第4話。…呼びません(笑)。「師匠と呼ぶべき」の時の魔女の顔はエレンに詰め寄ったりエレンをさらって鎧に守られるベルトルトを狙ってる時の黒髪の乙女の恐ろしい形相をご想像下さい。最初、魔女はお約束で2000年生きてれば、と言わせるつもりでした。でも、物語の都合で500年に変更。あまりに過去に遡ることになると書く私が大変!!(調べ物が増えるので…orz)

SS-majo5.jpg

第5話。7歳のクセに拾ってくれた魔女にクッソ生意気な口を叩くりばいちゃん。平常運転です。でも言われたお仕事はちゃんとやるし、お掃除はやはり得意な模様(4話より)。厳しい環境で育ったせいか、年齢よりも上の知った風な口を叩きます。どことなくたどたどしく言ってたら可愛いなあw

SS-majo6.jpg

第6話。とんでもない魔法を駆使するというより、自然と深く繋がって昔からの叡智を用いる本来の?魔女、みたいなカンジで一応書いています。庭が薬草園になっていて、りばいちゃんに色々教えながら日々の仕事をしている、という。師匠らしいこともしてまっせ回。バレリアン、実際にあるハーブです。不眠症とかにいいらしいけど香りが強くて飲みにくいそうですよ(ネット情報)。

SS-majo7.jpg

第7話。夢にうなされる魔女。過去が垣間見れるけれど具体的に何があったか全くわからないや~つ。欧米は子供にも私室や寝室を与えて一緒に寝ないイメージ。リヴァイにもちゃんと小部屋を与えています。魔女がうなされてて起きてきちゃった。母親のことを常に気にかけて夜あまり眠れてなかったのでは。がきんちょなのに。その延長戦で魔女の声にも反応したのでしょう。だが基本自分が一緒に寝たいだけだと思うwww 拾った当初は一緒に寝てました。魔女のお胸枕…。

SS-majo8.jpg

第8話。りばいちゃん10歳。背伸びせざるを得なかった幼少期故に大人ぶりたい。魔女にドヤ顔したい(頼られたい)。魔女は狩りにも出るのかあ、とひとごとのように書いていた。少女の外見だけど、そこは500年生きた経験値です。やるときゃやる。ただ、最低限の殺生で、感謝を捧げて狩るのでは。お留守番りばいはちゃんと言いつけ守ってお仕事しながら待ってるwww わんこwww

SS-majo9.jpg

第9話。りばいちゃん、町にお出かけしたりするようになった模様。魔女は森でひっそり暮らしていますが、全く接触がない訳でもありません。その辺りは追々出てまいります。まだ子供。なのに、…銀細工の櫛なんて買ってきてぷれぜんとしちゃうんだぜ? 色気づきやがって…w 女性として意識してる象徴としての「櫛」。髪飾りをホントは贈りたかったんじゃないかなーwww ぐっと堪えて実用性の櫛。でも銀細工。色気づきやがってwww

SS-majo10.jpg

第10話。りばいちゃん齢じゅうさん! 俺の後ろに立つな的な…それナントカさーてぃーんや…。欧米の方て日本人と同じ年齢なら上に見えるんですよね…(私、年下カナダ人女性から「あのコ(girl)、名前なんていったっけ」って確認されたことあるらしいで)。なので、13歳ともなるとかなり大人びて見えるはず。しかしりばいちゃん童顔! ただ、子供で居てはいけない、大人にならなくては、という意識が強いため、表情に出るように。魔女もびっくり男の顔になりつつあるようです。しかしそろそろ身長の伸び代ヤバそ(ry


この辺りから徐々に微えろな雰囲気を含ませるようになりました。りばいちゃんがめきめきと成長(意味深)しているので仕方ない! 私が書くりばいちゃんなので、まあ、その、なんだ、手がはええよな(えええええええ)。
関連記事

0 Comments

Post a comment