FC2ブログ

Bon Appetit ! ―スクカーリヴァミカSS集 3

璃果

Bon-appetit-top.jpg

先にUpした原作ベースSS(「Alone in Babylon」)が
暗い
甘くない
不穏

なリヴァミカでしたが、こちらはいつもの(?)私らしい、すくかーりばみかちゃんSSです。予告(?)でもちょっと言っておりましたが、こちらは基本食や料理をテーマに書いたものばかりです。そもそも食べ物ネタ多いけどな!
5本の予定でしたが、急遽1本書き下ろして6本です。
「strawberry」と「sleeping beauty」はついったで以前のふぉろわさんや仲良くして頂いている方にぷれぜんと(?)させて頂きました。後者は差し上げた方のみに披露させて頂いて、非公開でした。前者はちょっと体調を崩されてついったをお休みされていた方が、復帰された時におかえりなさい記念として。
全くの書き下ろしのみのつもりで書いていましたが、そんな訳で1本のみ公開済みのものです。

こうしてまとめる時にトップ画像をつけることにしたので、その画像の選定やらタイトル入れやらがあるので、書いた時から少し時間が経過しました。
SS-cooking.jpg

可愛いみっかと可愛いみっかは大事に大事に扱うりばいさん。このおはなしでは、みっかが清掃員さんは自分を気遣ってホントのことを言ってくれてないのでは、とつい疑って試すような真似をしてしまいます。
そしたら、本気で心配されて気遣われて反省するハメになるという(笑)。
責めるんじゃなく、体調悪くて感覚がオカシイのかな、と即休ませるりばいちゃん…おま、どんだけ…!
リヴァイさんは原作をベースに考えてるので、「食えればそれでありがたい、食えなかったら仕方ない」みたいなところがあって、それほど味にはうるさくなく、でも食べるならマズイよりはウマイ方がいい、くらいのひとです。塩加減違うだけで体調不良を疑うんだから、みっかの手料理は相当ウマーなのでしょう。これ多分、真相話したら、リヴァイさんに軽くたしなめられる、か、ベッドで仕返しされる、の二択だと思う…。

SS-strawberry.jpg

元ふぉろわさん復帰祝い献上作。
番外編「H&S」で「お前にはデザートもつけてやる」と言ってミカサが思わず身構えましたが(笑)、そのデザートです。苺。真冬に粒の大きい苺。また値の張りそうな、…。オーガニック・スーパーとかで買ったんやろ! くそ高えの!!
ややえっち系(えねっちけーみたいやな…)。することして(ヒドイ言い方やのう)、ちょっと汗かいて喉渇いた辺りにひんやり苺。きっと美味しい。そして私のついったふぉろわさんたちはイケナイれでーが揃っているので「みるく…! おねだり…!<〇><〇>カッ!」な不埒な発想しかしてくれない。うん、知ってた。だから書いた。
まあお好みで!(イロイロひでえ…)
何かを手で食べさせる、というのも、エロくていいなと思います。ウェヒヒ。

SS-vanilla.jpg

不純物が少ないほど硬い。故に、アイスクリームの中ではヴァニラがいちばん硬い、らしいです。確かにチョコレートのアイスってとろけるの速い気がする、かなー。
リヴァイさん面倒見がいいというか、もはや単にみっかが可愛いので甘やかしたいだけじゃねえかっていうね。堕落させたいひとだから。アイスくらい待ってりゃ融けんだろうがよ!(荒むわたくし)
大変どうでもいいことですが、「レディ・ボーデン」(アイスクリーム)が好きです。子供の頃から。お高いので滅多に食べませんが。いいのよラクトアイスもあれはあれでウマーだから! みっかが食べてるのも、そういう(ラクトとかじゃなく!)「アイスクリーム」で乳脂肪分たっぷりのお高い美味しいもの、を思い浮かべつつ書きました。みっかには質の良いものを、と考えるりばいちゃん…。献身的やな。

SS-cooking2.jpg

清掃員さんは一人暮らしが長いので、基本外食に頼るけども、ごく簡単なちょっとしたものは作れる、という設定になってます(これはヴァレンタインでも触れることになるので、いずれまたゆっくり。ああ、すくかー6作目でパァンケーキ焼いてましたね、ああいうシンプルなもの)。原作で男女差別があまりない世界なのに倣って+現代が舞台で、フレキシブルな人物であるのが好ましいのと私にとって書く上で都合がいいのとで、「全くやらない」「〇〇は女がやるもの」という男性ではありません。作中まだ描写してないけれど、ミカサに簡単なものを習ったりもしています(つくってあげたいから)。
このオハナシでは、実はスパニッシュ・オムレツ(オープン・オムレツって言えばいいのか?)をつくっております(画像はキッシュだが)。野菜刻んで卵液と混ぜて焼くだけ、なので、きっと作れるでしょう。じゃがいも、玉ねぎ、チーズ、パプリカ、ほうれん草、きのこ、その辺りを適当に組み合わせる! マヨもちょい入れとけ!
とにかくミカサを甘やかすことに命かけてるので簡単な料理くらいそりゃあするべよ。うむ。
そして、つくってくれるだけで嬉しいみっかはちょっと泣いてしまうのです。つくらずに食えるメシはうめえんだよ!(魂の叫び)

SS-pussycat.jpg

新規書き下ろし。ちょっと大人なお酒のハナシ…といきたいところですが、みっか未成年なのでノンアルです。結構あるですよ、伝統的なのは。最近はモクテル(偽りの、を意味する「モック」と「カクテル」でモクテル、らしい)と称して供するバーなんかがロンドン辺りで増えてるらしい。作中登場したのは、ちょっとステア/ミックスしたりシェイクするだけで出来る、お手軽さもいいカンジのものです。シロップやリキュール、ジュースがあれば誰でも作れそう。ちなみにタイトルの「プシィ・キャット」はノンアル・カクテルの名前と、意味の(女の子に対する呼びかけの)「仔猫ちゃん」をかけております。
画像は色味で選んだのでロング・カクテルになってもた。大人になったみっかには「セックス・マシーン」をりばいさんにオーダーされて真っ赤になって欲しい(甘くてクリーミィで飲みやすそうなのにそんな名前)。もっとえげつねえ名前のヤツは、りばいさんが頼んで目の前で飲みます。せくはら。

SS-sleepingbeauty.jpg

献上用書き下ろし。ちょっと食べ物とは関係ないのですが、こちらに添えさせて頂きます。食卓には花を飾ろうぜ!(無理矢理)
なんやかやとオヒメサマ扱いである。りばいちゃん、もうホントあんた、……。
ほんわり甘さが漂うくらい、を目指して書いたもの。お捧げする方の、ふだんのついった等のやり取りから受ける印象で、何となくそういうのがいいかな、と思って書きました。「アクマでも、キミがキライ。」らしい要素がまるっと入りました。
みっかは相変わらず頑張り屋なので、多分ちょっとおねむな時もあるかと。清掃員さんはそれに気づいて添い寝して寝かせてあげたりしてる訳ですなんだそれくっそ甘えなこの野郎。
カード全体の色調や雰囲気も気に入ってます。大人っぽいキレイなカンジ。


レイアウトと画像の見え方、余白(文章表示部分)の色合いとか、組み合わせが大変…。センスがないのがばればーれ。
でも、書くのはとてもとても楽しい。
日常のいとなみを書くのが好きなんだろうなあ、と思います。アメリカの日常なんてわかんねえけどな!(外画ドラマとか映画で観たものをベースにするしかない…)
関連記事
Posted by璃果

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply